弔事での服装基本マナー

突然不幸の連絡を受けた時、特に故人と親しい間柄の場合は直ぐに駆けつけるので、弔問する時に派手なものでなければ普段着で良いです。しかし弔事の際は基本の礼装を着用していきましょう。遺族以外の服装は黒、濃紺、グレーが基本になります。女性の場合、洋装の時のスカートは正座して膝が出ないくらいの丈なら良いです。服や小物は光物を避け、結婚指輪、ネックレス、イヤリング以外のアクセサリーの着用は避けましょう。真珠のネックレスは二連のものですと「重なる、繰り返す」という意味なので、必ず一連のものを付けます。お辞儀をする事が多いのでロングヘアの方は、髪が前に落ちてこないように、きっちりとまとめ髪にし、ヘアアクセサリーは黒です。金色があるものは避けます。アクセサリーは留め金が金以外のものでしたらオニキス、黒珊瑚等、華美なものでなければ良いです。靴はヒール3~5センチ程度の黒でカジュアルなペタンコ靴やミュールはNGです。お悔やみの場では、だらしない姿勢や服装は慎み、厳粛さを心がけて下さい。